受付時間 AM9:00 ~ PM5:00 お電話からのお問い合わせは0576-53-0128

マ・メールにログイン

メニュー

メール連絡網 マ・メール

長崎大水害

長崎大水害

豪雨・土砂災害

発生日時 1982年7月23日から24日
被災地域 長崎県長崎市を中心に発生した集中豪雨
最大1時間雨量 長崎県西彼杵郡長与町 187mm

概要

1982年は梅雨入りが遅く、8日程度遅い6月13日だった。梅雨末期に入り、大雨が集中7月10日から20日にかけ、日降水量が100mmを超える大雨が続いた。
23日は低気圧の通過にともにあ、梅雨前線が九州北部付近まで北上し、長崎県北部地方を中心に強い雨となった。

被害状況

死者 299名
行方不明者 5名
負傷者(重傷) 16名
負傷者(軽傷) 789名

住宅全壊・・・584棟
  半壊・・・954棟
一部破損・・・1,111棟
床上浸水・・・17,909棟
床下浸水・・・19,197棟

・夕食や帰宅時間帯に100mm前後の猛烈な雨が集中し、市民生活を完全にマヒさせた。
・長崎市内各河川が氾濫、国道34号が寸断された。

外部リンク

長崎大水害(wikipedia)
長崎水害(内閣府)

 

▲TOPへ戻る