受付時間 AM9:00 ~ PM5:00 お電話からのお問い合わせは0576-53-0128

マ・メールにログイン

メニュー

メール連絡網 マ・メール

BCP(事業継続計画)

BCP(事業継続計画)

BCP(事業継続計画)とは、企業が自然災害、大火災、テロ攻撃などの緊急事態に遭遇した場合において、事業資産の損害を最小限にとどめつつ、中核となる事業の継続あるいは早期復旧を可能とするために、平常時に行うべき活動や緊急時における事業継続のための方法、手段などを取り決めておく計画のことです。

東日本大震災以降、BCP対策について導入や見直しを検討している企業が増えています。緊急時に倒産や事業縮小に陥らないようにするためには、平常時からBCPを周到に準備しておき、緊急時に事業の継続・早期復旧を図ることが重要となります。

安否確認や緊急招集など迅速に連絡する手段の1つとして、携帯メール連絡網をご提案させていただきます。

BCP対策にまずは携帯メール連絡網の導入を

日本の災害一覧緊急時に、一番大切なことは社員および社員の家族の安否確認です。災害に強い通信手段はインターネット通信といわれています。東日本大震災でも有効に働きました。メールによる安否確認は、一度に迅速に連絡ができる方法だと考えられます。

マ・メール連絡網を使ってできること

もしも災害が発生した場合、マ・メールの機能を使ってできることをご紹介させていただきます。

会員の方の安否を確認します

①安否を確認できるアンケートメールを配信します。会員の方だけではなく、ご家族の安否、住宅の状況などを一度にたくさんの情報を収集できます。
災害が起きた時のための安否確認アンケートメールの例

②少人数の方の安否を確認するのであればこちらの方法もございます。会員の方に「無事ですか?」というメールを配信し、「はい」「いいえ」のみの簡単な返信をしてもらいます。(返信管理機能)こちらは、アンケートメールと違いシンプルなメール配信となります。会員の方の返信も簡単です。

避難場所、集合場所などを画像でお知らせします

住所だけだとなかなかわかりにくい場所は、地図や目的地の建物の画像を添付してメールを配信します。全ての方が住所を把握しているとは限りません。確実に情報を伝えるには画像を添付し配信するのも一つの手です。

普段から訓練するとよいでしょう

日本の災害一覧BCP策定だけをしていても、いざ緊急時に行うことは困難が予想され、正しく運用できない可能性があります。緊急事態においてあせらずスムーズに対応できるようにするには、普段の継続的な訓練をお奨めします。

例えば、マ・メールでは以下のような機能があります。

安否確認メールの配信の練習

予約配信機能を使えば、毎月1回、安否確認のアンケートメールを自動で配信することができます。

  • 管理者の方はアンケートの集計の練習ができる。

  • 会員の方はアンケートの返信の練習ができる。

  • 現在のメールアドレスが受信可能なのか確かめることができる。

緊急時に配信する文章を事前に作成し保存しておく

緊急時に間違いのないメールを配信するために、あらかじめ文章を保存しておきましょう。

  • もれのない、正確な文章を配信できる。

  • 会員の方はアンケートの返信の練習ができる。

  • 最短の作業スピードを可能にすることができる。

複数の端末、複数の担当者で管理する

普段使用しているパソコンが使えない!配信担当者と連絡がとれない!ということも想定されます。普段からメール配信の担当者を複数名の体制にし、会社や学校などの代表のパソコンだけでなく、ご自宅のパソコン、担当者のスマホからでも配信できるようにしましょう。

  • インターネットのつながる場所ならばどこでも配信することができる。

  • 停電していても充電式端末(スマホ、携帯、ノートパソコン、タブレット)ならば配信することができる。

  • 複数の担当者で配信することができる。

今まで日本ではたくさんの災害が起こっています。自然災害は予測できません。最低限の被害にとどめるためにも事前準備、対策をしっかり考えておきたいものです。
日本で起きた災害の歴史をまとめました。メニューからもご覧いただけます。

▲TOPへ戻る