受付時間 AM9:00 ~ PM5:00 お電話からのお問い合わせは0576-53-0128

マ・メールにログイン

メニュー

メール連絡網 マ・メール

広島市土砂災害

広島市土砂災害

豪雨・土砂災害

発生日時 2014年8月20日午前3時20分から
広島市北部の安佐北区や安佐南区などを襲った大規模な土砂災害
最多雨量 安佐北区上原287.0mm
最多時間雨量 安佐北区三入東121.0mm

概要

2014年8月20日午前3時20分から40分にかけて、局地的な短時間大雨により安佐北区、安佐南地区が大規模な被害にあった。8月22日時点で土砂崩れが170ヶ所、道路や橋梁への被害290ヶ所が確認された。
行方不明者の捜索は約1ヶ月間に及んだ。国道交通所の発表によると土砂災害による人的被害としては、過去30年間の日本で最多である。

被害状況

2015年10月5日発表分

死者 77名
行方不明者 0名
負傷者 44名

住宅全壊・・・133棟
  半壊・・・122棟
一部破損・・・175棟
床上浸水・・・1,301棟
床下浸水・・・2,828棟

・災害で発生したがれきや土砂を搬出するのに100億円以上の費用が掛かることが明らかになった。
・広島県の施設、県営緑丘住宅が大規模半壊。広島県立可部高等学校の方面が崩壊した。
・広島県設置の治山ダム16ヶ所のうち、14ヶ所が土砂で満杯になり機能を失った。

外部リンク

平成26年8月豪雨による広島市の土砂災害(wikipedia)

▲TOPへ戻る