受付時間 AM9:00 ~ PM5:00 お電話からのお問い合わせは0576-53-0128

マ・メールにログイン

メニュー

メール連絡網 マ・メール

平成26年豪雪

平成26年豪雪

豪雪

発生日時 2014年2月
被災地域 関東・甲信越・東北地方
最大積雪量 山中湖村187cm

概要

2月4日正午から6日にかけて冬型の気圧配置となり、「10年に1度」の強い寒波が日本列島に流れ込み寒い日が続いた。低気圧が急速に発達を続けたため8日、14日と2週続けて広い範囲に大雪となった。
積雪量は関東平野部でも30から80cm、甲信越地方や、奥多摩、箱根などの内陸部では1m以上に達し、山中湖村で最大積雪187cmを記録した。

被害状況

日本の災害一覧(2014年3月6日発表分)

死者 26名
行方不明者 0名
負傷者(重傷) 118名
負傷者(軽傷) 583名

住宅全壊・・・16棟
  半壊・・・46棟
一部破損・・・585棟
床上浸水・・・2棟
床下浸水・・・30棟

・2月15日に東北や関東などで停電が起きた。関東では栃木県を中心にピーク時で10万軒近くが停電した。

・山梨・群馬・埼玉などで世帯のカーポートが崩落した。

・埼玉県熊谷市のくまがやドームの屋根部分が崩落した。

・ビニールハウスの倒壊、損傷により山梨県ではブドウが8割、栃木県ではいちご、埼玉県ではキュウリやトマトが約250億円の被害、「深谷ネギ」は約229億円の被害が発生した。

外部リンク

平成26年豪雪(wikipedia)
平成26年豪雪(気象庁)

▲TOPへ戻る