受付時間 AM9:00 ~ PM5:00 お電話からのお問い合わせは0576-53-0128

マ・メールにログイン

メニュー

メール連絡網 マ・メール

平成18年豪雪

平成18年豪雪

豪雪

発生日時 2005年12月から2006年2月

被災地域 日本各地

最大積雪量 青森市酸ヶ湯453cm

概要

秋ごろの予報では、全国的に気温は平年並みか高いと予想。しかしその予想に反して、2005年12月上旬に寒気が流れ込んだのを皮切りにその後も断続的に寒気が流れ込んだ。急速に発達する低気圧の通過と重なり日本各地に大雪、寒波、暴風をもたらした。1月上旬には冬型の気圧配置となった。しかし、2月中旬から南風が吹き気温が高い日が多く、桜の開花や満開は全国的に平年より早く春の訪れとなった。

被害状況

死者 152名
行方不明者 0名
負傷者(重傷) 902名
負傷者(軽傷) 1,243名

住宅全壊・・・18棟

  半壊・・・28棟

一部破損・・・4,667棟

床上浸水・・・12棟

床下浸水・・・101棟

  雪崩・・・93件

地すべり・・・13件

 土石流・・・5件

がけ崩れ・・・13件

・スリップや衝突などによる交通事故が多かった。

・第一次産業の被害額は約99億3,400万となった。

外部リンク

平成18年豪雪(wikipedia)

平成18年豪雪(気象庁)

▲TOPへ戻る