ニュース          連絡網システムへログイン

トップ導入事例機能ご利用料金導入の流れQ&Aお問い合わせニュース
新着ニュース
ニュース2
ニュース3
ニュース4
パスワード入会
非会員からのお問い合わせ
不明な住所の地図を添付
画像を添付できない現象
会員登録をする方法
未登録会員に配信する方法
動画でわかるマメール
BCP(事業継続計画)
日本で起きた災害の歴史
マメール連絡網の便利な使い方
エクセルで会員情報自由自在
QRコードの作り方
年度変わりをスムーズに行なう方法
連絡網についてのお問い合わせ
わからないことは
お気軽にお問い合わせ下さい
連絡網TEL
平日9:00AM-17:00PM
お問い合わせ

Yahoo!ブックマークに登録 Yahooブックマーク登録

 > ホーム > 新着ニュース > ニュース3<<戻る

過去のニュース

メール 連絡網 に関連のあるニュースを随時掲載してゆきます。
年度切り替えのしかた
マメールでは年度が変わるなどして新たに会員を募集する場合のために、複数の方法をご準備させていただいております。
以下の方法から、あなたに合った方法をお選びください。


【1】プロフィールに学年を設定している場合
「所属グループ編集」機能を利用すると、一年生を二年生に、二年生を三年生に、三年生は卒業になるため削除、という処理を一度に行うことができます。
ただし、学年とクラスを組み合わせたプロフィールの場合はクラス間の移動が判断出来ませんのでご注意ください。


【2】在校生のプロフィールを各人に変更してもらう方法
「プロフィールリンク付メール」機能を利用すると、在校生にはおのおのプロフィールの変更をお願いするメールを送信できます。
卒業生には、おのおの退会してもらうか、会員管理より管理者が削除します。


【3】会員を全て削除して新たに会員になってもらう方法
会員管理より「全削除」機能を利用すると、現在入会されている全ての会員を削除して、全員に入会しなおしてもらうことができます。
名簿データのエクセルでの活用
ダウンロード可能となったデータを表計算ソフトでどうやって活用したら良いのか?
解説コンテンツを制作いたしました。

詳しくはこちら

名簿データのダウンロード
会員のデータをより見やすく、印刷しやすくするため、CSV形式でのダウンロードができるようになりました。
「会員管理」の「名簿CSV」をクリックしてお使いください。

※アンケート結果や開封確認結果もプロフィール付きでダウンロード可能ですので、連絡済かどうかの確認がスムーズに行えます。

※CSV形式でダウンロードしたデータはエクセルなどで直接取り込んで利用することができます。
「月1回テストメール」のすすめ・・・
携帯電話のメールアドレスは、簡単に変更できます。
連絡網に入会しているのに、このメールアドレスを変更してしまったがために、いつの間にか連絡が届かなくなってしまう人は必ず発生してしまいます。


このような方を少しでも早く発見して教えてあげましょう。
届くか届かないかを確実に判断するために、マメールでは月1回決まった日に確認メールを永久的に自動配信する機能が備わっています。
この機能を使えば、「届かなくなった人は再度入会しなおすだけ」で済むようになります。


詳しくは「管理者メニュー」の「配信ウィザード」より「新規作成」で「月1回連絡網テストメールを配信」をクリックしてみてください。
多くの方がこの機能を利用されています。
URLリンク付きメール拒否とは?
「URLリンク付きメール拒否」とは?

URLリンク付きメール拒否は、メールの文中にURLが付いていてクリックすることができるメールのことです。
実はこの機能、以下の2つに分類されます。


�「全」URLリンク付きメール拒否
�「特定」URLリンク付きメール拒否


�については文字通り、URLが付いているすべてのメールを拒否する機能です。
ですから、�が有効になっていると、マメールからの入会お礼メールには、プロフィール登録をお願いするURLが付されているため拒否され受信できません。
しかし、入会までは正常に行われているので、管理者の方からは「プロフィールを登録していない入会者」というように見えます。
このような方には「プロフィールの入力をお願いするリンク付きメール」をどれだけ送信しても届かず、気づいてもらえないという現象が起こります。
しかし、URLリンクが付いていないごく普通のメールは受信することができます。
つまり、メールの内容によって届いたり届かなかったりするわけです。


�については「特定」のURLが付いているメールのみが拒否されます。
では、その「特定」とは何か?
簡単に説明すると「特定」とは「怪しい」ということになります。
この「怪しい」の基準はネットスターが評価して決めています。
つまり、ネットスターが「怪しい」と認識したサイトのURLは拒否されるということになるので、受信するメールの健全化がはかれるというわけです。
もちろん弊社のURL付きメールは「怪しい」という判断はなされていませんので、「特定URLリンク付き」を設定していても問題ありません。
�の全URLリンク付きメール拒否を設定している方が問題となります。


この特定URLリンク付きメール拒否機能は、2008年6月よりソフトバンク等で標準採用されたほか、その他の携帯会社でも採用されています。
カラメールを送信して入会しようとしたが、「入会お礼メールが返ってこない場合」はこの「全」URLリンク付きメール拒否が設定されている可能性が高いですので、この設定を「特定」URLリンク付きメール拒否の設定もしくはURLリンクつきメールを受け取る設定に切替えてください。

切替えの手順は携帯会社によりおおむね以下のようになります。
また、この設定切替え手順は変更されている可能性がありますのでご了承くださいますようお願いいたします。




■「ドコモ」の携帯電話をご利用の場合
iモードメニュー → iメニュー → 料金&お申込み・設定 → かんたん設定
→ 詳細な設定(メール設定) → 迷惑メール対策 → iモードパスワード → 決定


URL付きメール拒否設定で「設定解除」に設定 → 次へ → 決定
受信/拒否設定 → 設定 → 次へ → ステップ3 → 受信設定
→ 「個別に許可するドメインを入力」
ボックスに@以下を入力 mamail.jp
→ 登録 → 完了


■「au」の携帯電話をご利用の場合
Eメールメニュー → Eメール設定 → その他の設定 → メールフィルター
→ 暗証番号 → その他の設定 →
URLリンク規制で「規制しない」に設定


■「SoftBank」の携帯電話をご利用の場合
Y!(Webに接続) → 設定・申込 → MySoftBank → 各種変更手続き
→ オリジナルメール設定 → 暗証番号 → 各種フィルタ/迷惑メール関連設定
→ 迷惑メール関連設定 → URLリンク付きメール拒否設定
→ URLを含むメールを受け取りますか? で「受け取る」に設定
無料!特別レポート
メール連絡網システムの採用を決定するときに気をつけなければならないことは何か?
その基本次項をまとめたレポートを作成しました。
携帯メール連絡網システムを比較検討されている方に是非ともお読みいただきたい内容です。是非、ご覧ください。
返信メールの対応遅れに関するお詫び
一部のお客さまのメールアドレスに「過剰な量の成りすましメール」による攻撃を確認しました。
これらのメールがお客さまに届くことはございませんが、あまりにも過剰な攻撃は、システムの処理を遅らせる可能性があります。
弊社ではこのようなメールを検出した場合、入り口で完全にブロックする対処を行います。入り口でのブロックが行われると、システムはそのメールによる処理の影響を一切受けることがなくなるからです。

以下の期間でこのような現象が発生していたため、一部のお客さまのメールに対するレスポンス(返信等)に遅れが生じる現象が確認されました。
ご迷惑をおかけした方々に深くお詫び申し上げます。
過剰な攻撃に対する対処の完全自動化をはじめとした対応策を講じてまいりたいと考えております。

2008/7/12 12:00〜2008/7/13 10:30 ・・・ 一部のお客さまの入会お礼メール、メールによる一斉配信の確認メール、お客様よりのお問い合わせメールに数分〜数時間の対応遅れが発生。10:30に回復いたしました。
緊急連絡以外には使用しないのはよろしくありません!
緊急連絡網システムとして利用される場合、管理者側から見ると「緊急連絡以外の情報を送信すると社会通念上よろしくないのでは?」と感じる方もいらっしゃいます。
しかし、実際のところこのような運用は好ましくありません。

携帯電話のメールアドレスは簡単に変更できてしまいます。しかし、連絡網に加入されている方がメールアドレスを変更されても、それを管理者に申告してくれる方はほとんどいないのです。
そのメールアドレスにメールをお届けできるかどうかは実際にメールを送信してみなければわかりません。

つまり、連絡網の名簿を放置しておく時間が長ければ長いほど「無効なメールアドレス」が多くなります。

マメールのシステムは配信ウィザードを使用して「毎月1回自動でテストメールを送信」することができます。
例えば毎月10日AM10:00にテストメールを配信するようにスケジュールしておきますと、その時点であて先なしのアドレスを検出しもう一度メール送信の確認を行った後、さらにあて先なしの場合は名簿から自動削除します。そして削除者の一覧を管理者に報告するようになっています。

この仕組みが自動運用されれば名簿の鮮度を常に保つことが可能になります。

※連絡網の名簿の中に「あて先なし」となるメールアドレスがたくさん含まれている場合、一斉にメールを送信すると携帯会社は「?%も無効なメールアドレスを含んでいる一斉送信だから迷惑メール業者かもしれない」と判断し、その一斉配信メールを極端に遅配させる可能性があります。

携帯メールで連絡を受けたいと思っている人が不用意にメールアドレスを変更してしまっても、管理者が発見して指摘できる仕組みは絶対に必要であると思います。
SSLについて
マメールではSSLを採用していませんでした。
その理由はコストとレスポンスの問題からでしたが、このたびマメールでもSSLを導入することが決定いたしました。

SSLはネットでのやり取りを暗号化する技術です。マメールはネット上には危険な情報は流れない仕組みのため事故は全く起こっていません。SSL化によってさらに強固で堅牢なシステムとなるわけです。

また弊社の実在性は、公的な記録によって確認されているという証明ともなっています。

ベリサインによる実在証明







過去のニュースを読む
 > ホーム > 新着ニュース > ニュース3<<戻る
トップ | 導入事例 | 導入の流れ | 機能 | Q&A | お問い合わせ | ニュース | 
» 運営会社
有限会社オムニシステム
» 代表者
代表取締役 野村 良平
» 所在地
〒509-2517
岐阜県下呂市萩原町萩原860番地
» 業務内容
ホームページ制作会社 岐阜県
» 関連ホームページ
災害・防災・緊急時の連絡とは
携帯メール連絡網「マ・メール」で一斉配信
携帯メール「マ・メール」で販売促進
» お問い合わせ
お問い合わせ担当の加藤と申します。
みなさまの連絡網システムがスムーズに本稼動されるよう、懇切丁寧にご案内させていただきます。
どんな些細なことでも構いませんので、どうかご遠慮なさらずお気軽にお問い合わせください。
※時間帯によってはお電話が大変込み合い、ご迷惑をおかけいたしております。
もし、お時間に余裕がございます場合にはメールにてお問い合わせください。
» お問い合せ
TEL、FAX、お問合せフォームからどうぞ
TEL 0576-53-0128
お問合せフォームはこちら
» お申込方法
必ず1ヶ月間の無料お試しをご利用いただきます。
無料お試しはこちら
» ご利用まで
*
約1日(営業日)で設定を完了しすぐに無料お試しをご利用いただけます。
お試し期間中にはいっさい料金はいただきません。
*無料お試しの期限が近づいてまいりましたらメールにてご連絡いたします。
専用フォームから継続してご利用になるかどうかをお決めください。
 
SSL(Secure Sockets Layer)による通信の暗号化と、ベリサイン社によるサーバー認証を使用して、より安全性の高いお申込みが可能です。
» 営業日カレンダー
土日・祝祭日を除く
午前9:00から17:00まで
2018 4月の営業 (…休業日)
1 2 3 4 5 6 7
8 91011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
2018 5月の営業 (…休業日)
   1 2 3 4 5
6 7 8 9101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
2018 6月の営業 (…休業日)
      1 2
3 4 5 6 7 8 9
10111213141516
17181920212223
24252627282930